Tokoの ひまわり のーと

宮下敏子公式サイト。 ひまわりの花言葉は光輝!毎日の生活の中で経験する光や輝きを含んだ出来事や出会いをこの「ひまわりのーと」で紹介します。

image


汐留美術館で行われているモロー展

40分待ち

サロメと宿命の女たち

東洋ね神秘さを加えながら
女性の魅惑さを表現している。

血が滴る絵の具の質感が印象的

NHKで作られたVTRをみてから見ると
更に深く理解できると思います

image


昨日は雑誌の対談をさせていただいて
お仕事が早く終わったので
紫陽花を見ながら4キロくらいウォーキングしました。
今日はインタビューに答える役割.
質問に対して自分では答えがあって話してるんですが
着地してない(明確な答えをしない)話し方をしてしまって
分かりづらかっただろうなぁと反省しながらの
ウォーキングでした。
紫陽花は色とりどり夕暮れに綺麗な光を放っていました。

image

image


今日はFM生放送でした。
カルッツ川崎の情報では、
皆さんに人気のコンサートや
スポーツに関する話題をお伝え頂きました。
http://culttz.city.kawasaki.jp/
ワンコインで出来る
体験レッスンも来週18、19、20で行われます。
コンサートは 倍張千恵子さんやジブリ、吉幾三等々
10月までのコンサート、既にチケットは発売中です。
新しい施設の最高の音をお楽しみください。
そして、アヤトのスポーツで元気は
松山アヤトさんにカッコよく痩せた秘訣を教えていただきました。
毎日10キロは走っているそうです。
そして、家でのトレーニングも欠かさないとか。。
腹筋も7つに割れているようです。
刺激を頂きました。

image


今日はラジオ生放送だったのですが
放送前のひととき
武蔵小杉の高架下のオシャレなバン屋さん
などをめぐり優雅な気分を!味わいました。
めまぐるしく変わる小杉。目が離せません。
そして、松田聖子のコンサートで聞けなかった
ライトコンビネーションをオンエアー。
リスナーの皆さんは無反応でしたが、
私は久しぶりに聞いてやはりいいなぁと思いました。
なんだかマニアックな選曲になってしまいました。

image


誘われて松田聖子

また今年も来てしまいました松田聖子。
シングルのみのコンサートで全曲歌えました。
楽曲と歌詞の素晴らしさ、
日本のクリエイターの才能が1曲一曲に集約されています。
今日聴いた曲では
特にピンクのモーツァルト、いいですね。
個人的にはアメリカてデビューした辺りの
英語の歌好きなんです。
ダンシングシューズとかライトコンビネーションなどなと。いつか歌って欲しいなぁ。
とにかく40年歌い続けているとは
本当に凄いこと、身体、表情、声、全て努力無くしては
現在の聖子ちゃんは無いでしょう。
アリーナ席から振り返ると
さいたまスーパーアリーナは満席で聖子コール
松田聖子がみんなに愛されていること、
それを感じるだけで 身が震えるほど感動しました。

image


今年、初ヒマワリ
皆さんの中にも今年初めて・・という方が
いらっしゃると思いUPいたします☆彡
フリーになって以来させていただいている
行政の式典司会では毎年お花を頂いています。
(演台の隣に大きく飾られた花を
小分けにした1つを頂きました)
昨年はレインボー色のバラでしたが、
今年はヒマワリです。
私にとってヒマワリは特別な花。
故郷:那珂市の花でもあるし、
私のブログ Tokoのひまわりのーと 
のタイトルにもなっています。
今日は
ひまわりを卓上に飾り、華やかに食事を頂きます!
有難うございました。

image


仕事終わり、
すっかり元の状態に戻った会場。

長年させていただいている式典です。
42組のナレーション、ノンストップ。

何回させていただいてもスタッフや場が違うので
同じにはならない面白さ。

なんとか終わりました。


講演は「持続可能な社会に向けて」
詳細はのちほど。


皆様有難うございました。

image


似てるかな!?
えい先生こと 永易 親明 (永易親明)先生に
アバターを創っていただきました。
とても気に入っています、有難うございます☆
えい先生はニックネームの姓名判断をなどもされています。
皆さんに呼んでいただいている「みやとこ」も
表記の際は「みやとこ♡」とするとよいそうです。
とても親切に教えてくださいました。
最近、ブログを始めたそうです。ご覧ください。

image

昨夜から泊まりでリハーサル、
今日、本番を迎えた仕事が
無事に終わりました。
終わってみると、
今日はお弁当しか撮っていませんでした。
オリジナル弁当だそうで、
毎年、楽しみにしております。
今日は凡そ1万人が来場される式典でした。
会場の皆さん、
スタッフの皆さんありがとうございました。

このページのトップヘ